産地について

くりはちの取扱栗

栃木県・「天平の栗」

ずっとイチゴ農園を営んでいますが、栗農家としては期待のルーキー。栗の勉強をしながら生産量を増やしております。

石川県・「能登の栗」

他県から来た一人の若者が跡継ぎのいない栗園を引き継ぎ 一から栗の栽培に取り組んで5年・今では石川県では、知る人ぞ知る存在です くりはちはそんな彼の応援団でもあり、励まされ一緒に頑張ってきました。 一生懸命の栗の味はとびきり甘く毎年楽しみにしています。

長野県・「小布施栗」

昔から将軍家の献上栗として有名な小布施の栗も、本当の地元で収穫される 栗が減少し、益々貴重なブランドとなっています。 土・水・気候など他県と異なる色や形、少し野種あふれる味も独特のものです くりはちは、小布施で三代目の若旦那とお取り引きしています ここの農園のアプリコットもとても美味しいです。

茨城県・「岩間の栗」

くりはちが初めて訪ねた栗屋さんで、いまだに勝手に師匠と呼んでいる 頼りになる栗屋さんです。とてもプライドを持っていて決して妥協しない 姿勢はくりはちの基本となっています。岩間の栗は文句なしの甘さです 「とらや」さんにも栗を卸しているという品質がなによりの証です。

三重県・「伊勢の栗」

伊勢神宮の近く宇治山田にある青果市場から信頼できる栗園さんの栗を 入れて頂いています。伊勢の栗は実が比較的硬く、ホックリしていて 昔懐かしい和栗そのもの。 「ひなたやけ」という希少な干し柿・幻のキンコ(干し芋)など、消えゆく 逸品をくりはちに託して頂いています。

兵庫県・「丹波栗」

平安初期から朝廷に献上されたことから国内屈指のブランドとして 定着しました。本当の丹波の栗は国内全収穫量のわずか1%といわれ 年々減少しています。 丹波の栗の大きな特徴は、キメの細かさ・マッタリしたやさしい口どけです くりはちはその味の繊細さから少し小粒な栗をわけて頂いています。 さすが丹波栗・みごとな管理状態で愛情がこもっています。

高知県・「四万十の栗」

四万十川上流で育った自然農法の美味しい栗です。村の方達はみな かなりのお年寄りで、今後の心配もありますが、素晴らしい大自然の 四万十に少しずつiターンの若い家族も集まりつつあります。 四万十栗は実が詰まり、黄色い色がみごとです。

高知県・愛媛県・「四万十甘栗」

弘法大師由来の七立栗(国立遺伝保存センターに永久保存)をベースに 改良された極小粒の糖度20度の世界的にも大変貴重な栗です。 サッくりとした食感・その風味は和栗の中では特出していて、生産も 限定された生産者にのみ許可されています。

愛媛県・「中山栗」

ミカンの生産で有名ですが、温暖な気候から全国的に有数の美味しい栗が 採れます。徳川家御用達としても知られ、その実は柔らかくマッタリとした 上品な栗です。甘みもありますが、栗の風味は格別です。

宮崎県・「高千穂の栗」

天岩戸伝説で知られる高千穂峡近く、そそり立つ渓谷の斜面に育った 大きな栗は、大変香りのある美味しい栗で、秋一番にくりはちの店頭に 登場します。お客様の人気トップ3に入る美味しさです。

宮崎県・「須木栗」

宮崎県小林市近辺で作られる有名なブランド栗。 同じ宮崎県の栗でも高千穂とは味も風味も違います。 入荷量が少ないのでお見逃しなく!

和歌山県・「紀美野栗」

シニアソムリエの資格を持っておられる方により 和歌山県紀美野町釜滝の「釜滝薬師」の 上方標高350m通称北峯山で産したものです。 入荷量も少なめなのでお見逃しなく!

pagetop
販売日程
品質管理について
産地ついて